研究紹介

生命現象をシステムとして理解し予測する情報処理技術の研究開発を行います。

顕微鏡をはじめとする計測技術の発展により、ライフサイエンスの分野では、分子や細胞、組織、個体などの動態を捉えた、時空間情報を数値として含む計測データが得られつつあります。当研究室では、そうした様々な生命現象を記録した大規模・多次元のデータを包括的に解釈する新しいソフトウェアの研究開発に取り組んでいます。発生や老化、疾患などに関わるデータから、既存の手法では見つけ出すことが難しい生物学的知識を得る「データ駆動型サイエンス」の実現を目指しています。例えば、確率統計や機械学習、人工知能の技術を駆使した画像やデータの解析、物理・化学の法則の理論に基づく数理モデルの構築を試みます。アプローチの融合により、生命現象を理解し、様々な摂動条件下でどのように制御されているかを予測することを目指しています。

詳細は準備中です。